こっこさんと私~巖築朋美のブログ~

ヴァイオリン専攻の巖築朋美(がんちくともみ)が、音楽・日々の出来事を中心に綴っていきます。

コンクール

4月の中頃にショパン国際ピアノコンクールの予備予選が終わって、YouTubeで予選を受けた人の全員の演奏が聴けます。全員ではないけれど、何人かの演奏を動画で聴いているのですが、とっっっても面白いです!みんなコンクールに向かって真摯に取り組んでいることが伝わってくるのですが、受かった人は完成度がとても高くて音楽的にも良い演奏ばかり。続けて聴いていると、自分の耳がどんどんわがままになっていくのがわかる。笑

 
すごくレベルの高いところの勝負なのですが、中には音楽的にも音色的にも飛び抜けている人っていますね。この人最後まで残って賞(1位かしら?)取るなという人がいたのですが、そういう人の演奏ってコンクールということを忘れさせてくれる。
 
コンクールを受ける側は、会場の空気に負けてしまいそうになりながら、演奏と作品の音楽に気持ちを集中させながら自分と戦っていると思います。
 
音楽って、心を震わせてこそだなと思います。それにはやはりただ音を気持ちよくなぞるだけじゃなくて、自分の中から体全体で引っ張り出すイメージが大きいなと思います。枠をはみ出す感じ。
 
魔法を使えるようになりたい。魔法をかける演奏に出会った時にいつも思います。そんな演奏に出会えることはこの上ない幸せ。
 
ショパンコンクールを受けている彼らの音楽の姿勢にとても刺激を受けました。というか、音楽に関係なく自分のすべてをかけて何かに取り組んでいる人から受ける刺激って本当に何にもかえがたくありがたい。
 
最近の国際コンクールは動画配信しているコンクールが多いので、コンクール会場に行かなくても楽しめます(^^)行ったほうが生の空気を感じることができるのだけど…なかなか行けない(T_T)国内だと、仙台国際音楽コンクールが来年の5〜6月に開催されます。また過去のコンクールの動画もYouTubeに落ちているのでおすすめです♪

コンサート

昨日はスタッフとして、今日は聴衆として、コンサートに行ってきました!

 
裏方の仕事をやると、演奏家に負担をかけないで演奏に集中してもらおうというスタッフやホール関係者の気遣いを知ることができます。もちろん演奏家の準備はいいコンサートを作り上げるために最も大事なことなのですが、演奏家だけでなく、コンサートができるまで多くの方の尽力があっていいコンサートができるということを、スタッフを経験すると実感することができるなと。
 
この二日間、演奏家はもちろんスタッフの方も含めコンサートを作り上げるためのプロフェッショナルを感じ取れたいい二日間でした。改めて思うのですが、コンサートって、本番ができるまでの準備が大変ですね。
 
自分が演奏する立場として、本番は今までのすべてをかけて最高の演奏(とトーク)をしなきゃと、何回も思っていますが改めてまた思いました。
 
演奏を聴くこともとても勉強になるし、コンサートにできるだけ訪れたいなと思いました。頑張らなければ。

ラドラー&ビール

今日で私の中で一段落だったので、前から試してみたかった、サントリーから出たラドラーを飲みました!

 
写真とったのに手違いで消してしまったので写真なしです( ;∀;)
 
ラドラーはドイツの飲み屋にある、ビールをレモネードで割ったお酒。
 
ビールが苦手だった時によくラドラーを飲んでいました。
 
ドイツビールを美味しいと感じるようになってからはあまり飲まなくなったのですが、たまに飲むラドラーはビールとジュースの中間の味で飲みやすい。
 
でもやはりドイツとは味が違いました(๑´ڡ`๑)
 
ラドラーの後にハイネケンも飲んで、今はほろ酔い気分ですლ(´ڡ`ლ)

近況報告

3月の末に、河口湖のオルゴールの森で、サンドアートと生演奏のコラボレーションで演奏しました(^^)

 

f:id:tom-mom000:20150407044500j:image
共演したピアノのわたなべさんとサンドアートのかさぬきさんと(^^)
 
 
毎日開催されているイベントです!3〜5月のテーマはシンデレラ。絵を見ているだけでストーリーがわかり、それぞれの場面に合った音楽をピアノとヴァイオリンが演奏していきます。
 
一日3回公演です。(11:05~、14:05~、15:05~) 
 

f:id:tom-mom000:20150407051648j:image
オルゴールの森にある噴水が綺麗でした!
 
 
春休みということもあり、たくさんの方にご来場いただけてとても嬉しかったです❤(ӦvӦ。)外国人の観光客の方がとても多くいらっしゃっていてびっくりしました!
 
 
そして河口湖で見る富士山は、とっっっても大きくて綺麗でした。
f:id:tom-mom000:20150407045048j:image
 
 
 
そういえば、河口湖に行く前に名古屋に行って、ずっと食べたかった味噌煮込みうどんを食べてきました(๑´ڡ`๑)

f:id:tom-mom000:20150407045900j:image

f:id:tom-mom000:20150407045921j:image
デザート♡美味しかった(>_<)
 
 
筆不精、メール無精の私なので、何か機会がないと疎遠になってしまいがちなのですが、神様のおかげか、2月からは友人・知人・親戚に会う機会が多くて、良い刺激をもらったり元気をもらったりしています。
 
3月の中頃〜末には、ドイツからベルリン放送交響楽団が日本公演で来日していて、オケに乗っていたフライブルク時代の友達に会えました(>_<)私がドイツに行くかその子の故郷に行くかしない限り会えないので、とても嬉しかった(>_<)ちょうど私がコンサート前ですごく忙しい時期だったので、短い時間にお昼ごはんを一緒に食べることしかできなかったのですが、友達の元気そうな姿を見ることができて、幸せを分けてもらったような気がします。

f:id:tom-mom000:20150407052008j:image
その時食べたランチ。サムギョプサル!!
 
 
ところで、先月無事東京音楽大学大学院を卒業したので、この4月から遂に社会人になりました。正直やっと…!って気持ちが強いのですが、とても責任を感じています。

f:id:tom-mom000:20150407052742j:image
 
音楽家としてどう生きていくか、私は社会で何をしたいのか、どういう活動をしていきたいのかなど、考えることは多いですが、
『人の心の中に入って少しでも良い変化を与えられる演奏をできるヴァイオリニストになりたい』(←長くてまわりくどいですね笑)
という想いは、学生の時から変わらないので、これを大事に初心を忘れずに活動していけたらと思います。

第1回フライブルク室内楽団の演奏会が終わって

ご無沙汰してます!約2か月ぶりの更新・・・・

 

3月18日のコンサートに向けて、やることも多く緊張感もあって忙しい日々を過ごしてきましたが、無事コンサートを終えることができました。

 

f:id:tom-mom000:20150407042943j:imagef:id:tom-mom000:20150407043002j:imagef:id:tom-mom000:20150407043706j:imagef:id:tom-mom000:20150407042925j:image

 

1月にコンサートをしよう!と決めてから駆け足で準備を進めてきました。しかもほとんどのメンバーは自主企画公演をすることが初めて。普段フライブルクで生活している人が多いので、グループでメールできるアプリを使いながら連絡を取ってきました。日本が夜中で寝ている間に話が盛り上がっていることもしばしばあったのですが(笑)、日本と外国と、違う国に住んでいてもネット環境があれば無料で連絡がリアルタイムでとれるなんて、なんて便利な世の中なんだ!と何回も思いました。

 

高校の時の各行事、文化祭でのミュージカル、大学の時の学園祭の出店の時など、ヴァイオリンの練習時間の捻出にどうしても気が行ってしまうため、積極的に動くことは今までありませんでした。しかし、今回の演奏会を開催するにあたって、今までの中で初めてと言ってよいほど、演奏以外の仕事で動いたと思います!

 

なぜ音楽家として活動するのか、コンサートを開催することの意義は何か、お金をいただくとはどういうことかなど、根本から考えさせられる機会が多かったように思います。演奏の質を上げることはもちろんなのですが、それ以外に一人でも多くのお客さんに来ていただくための努力は怠ってはいけないこと、考えられる方法すべてをやるべきだということを学びました。

 

今回このコンサートに関わってくださったすべての方々に感謝です。わからないことだらけの私(たち)に色々と丁寧に教えてくださったり、忙しい時間をぬって受付や裏方をやってくれたり、写真やビデオを撮ってくださったり。私たちはよい仲間に恵まれているなとかみしめることの多い2か月間でした。

 

赤字になることも多い自主企画のコンサートですが、今回とてもたくさんのお客さんに来ていただいて、黒字にすることができました!演奏している側として、多くの方に演奏を聴いていただけることは最大の喜びです。ご来場してくださった方、心から感謝申し上げます。

 

短時間でコンサートに向けて進めてきたので、色んな反省点は山ほどあって、コンサートが終わってから結構へこみました。笑 一年後の3月に第2回を開催することが決まって、もう今から動き出していて、毎日のように連絡をとりあっています。今回の反省を活かしてより良いコンサートを作っていきたいと思います。

コンサートのお知らせ

最近暖かいなーと思っていたら今日とても寒かった…。春までもう少しかなと思ったらそうではなく…の繰り返しですね(^^)
 
さて、私は最近コンサートの準備をしています!(^^)
 
フライブルクの留学仲間と3月18日㈬にコンサートをすることになりました♪
 

f:id:tom-mom000:20150216023915j:image
 
第1回フライブルク室内楽団演奏会~若き音楽家の響演~
 
3月18日(水)
 
19:00:開場
19:30:開演
 
三鷹市芸術文化センター星のホール
 
一般2000円
学生1000円
 
 
*プログラム*
 
ミヨー:ルネ王の暖炉作品205
ベートーヴェン:弦楽三重奏曲作品9-1 
イベール:3つの小品
シュポア:第九重奏曲作品31
 
 
 
留学していた時からコンサートやりたいね♪と漠然と話していたのですが、まさか実現するなんて!と感動しています。
 
でも具体的に決まったのが1月になってからだったので、今コンサートに向けてみんな頑張っています!
 
今回のコンサートは自主公演なので、ホールの手配からチラシの準備等、すべて自分たちでやっています。
 
本当にすごいと思うのですが、仲間たちの行動力のあること…!!みんなも初めてのはずなのに、わからないことはすぐ調べて、実際に形にして、頼るところは頼る。ありがたいことに、今までは誰かが準備などをしてくださって、私は演奏するだけ…だったので、コンサート開催までにどういうことをするのかなどを知る機会になり、今とても勉強になっています。仲間たちの行動力ややる気に刺激を受けている毎日です。私も自分の仕事はこなしながら、いいコンサートにしたいなと、動いてくれている人任せにしないで自発的に考えるようにしています。
 
なかなか普段のコンサートでは取り上げることの少ない曲中心のプログラムですが、どれも隠れた名曲なので、聴きに来ていただけたらとても嬉しいです。クラシック音楽をよく聴く人も聴かない人もコンサートで楽しんでいただけたらこれ以上嬉しいことはありません(><)
 
チケットも用意できるので、来ていただける方はご連絡ください。では、ご来場をお待ちしています!

修士終了!&近況報告

遅くなりましたが、修士終わりました!

 
よく弾けたところもあり、反省点もあり、、、だったのですが、心をこめて弾くことができたかなと思います。久しぶりの緊張感ぴりぴりの本番で、始まる前は本当に怖かったのですが、いざ弾いてみると本番で弾く感覚を思い出すことができました。
 
もう一回弾きたい(笑)
 
途中いなかった期間はありますが、8年間お世話になったこの大学をもう出るのかと思うと感慨深いです。先生や学校の方、先輩、友人、後輩にたくさんお世話になったし助けられたなぁ。
 
これまでは受ける方だったけれど、これからは授けられるように色んなことを吸収して精進していきます。
 
そして、24日には明日館のコンサートに出演しました。
 

f:id:tom-mom000:20150128145839j:image
 
ヴァイオリン・デュオで出演したのですが、かなりマニアックな曲をやりました(笑)
 
ピアノなしのデュオって、あまり曲数ないのかなーと思っていたのですが、いっぱい曲がありますね!
 
やはりトークが課題でいろいろと反省して凹みましたが、色んな方からの様々なアドバイスをいただけて、また頑張ろうと思いました。私は元々不器用で、何をやるにしてもできるようになるまで時間がかかるので(ヴァイオリンも時間かかりました…笑)、そういうものだと思って懲りずにまた頑張ります。
 
 
f:id:tom-mom000:20150128151113j:image
 
そして、明日はオーケストラのコンサート。クセナキスという人が書いた現代曲の配置が面白いです!
 
この写真は違うのですが、全楽器がごちゃまぜに指揮者を360度囲んでいます。指揮者も指揮をしながら360度まわっています(笑)
 
現代曲は、留学時代にやっていたオーケストラのインターンを思い出すので本当に懐かしい気持ちになります。私のインターン先のオケでは現代曲ばかりやっていました。面白いですね(^^)
 
そして団員さんの優しいこと(><)団員さんの振る舞いや姿勢に、自分を見つめ直していつも学ぶことばかりです。
 
今月は色んなことをできて幸せです。この機会に感謝しながら一つ一つの本番を大事にしていきたいです。

修士

ついに明日修士試験です。

 
 
平成26年度 東京音楽大学大学院音楽研究科 修士演奏
 
2015年1月20日(火)
東京音楽大学100周年記念ホール
 
10:00〜11:00
 
 
 
*プログラム*
 
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番 イ短調 BWV1003 から グラーヴェ、フーガ
 
サン=サーンス(イザイ編曲):ワルツ形式によるカプリス
 
リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンソナタ 変ホ長調 作品18
 
ピアノは山崎早登美先生です。
 
 
明日早起きしてテンションを上げることができるかが1番の心配事。。。笑
 
楽しんで弾きます!

新年

明けましておめでとうございます。年末に風邪を引いてしまって、30,31日は大人しく自宅で寝ていました。

 
毎年見るものは違うのですが、今年は紅白を、途中教育テレビに変えてクラシックコンサートのハイライトを見ました。紅白に出演されていた方、裏方で動いていらっしゃった方、紅白に関わるすべての方からエネルギーとプロ意識を感じさせられ、来年も頑張ろうと思わずにはいられない良いコンサートでした。クラシックコンサートのハイライトでは、海外オケの日本公演ハイライトで、アドレナリンの出まくる熱演ばかりでした。
 
去年は留学を終えて帰ってきたり、プライベートでも今までと環境が変わったりと自分の中で変化の大きい節目となる年になりました。楽しかったこと、得たものも大きかったのですが、失ったもの、辛かったことも多かった一年でした。
 
自分の中で将来の自分像が今は正直見えていません。来年何しているかわからないこの状況で、自分の信念、やるべきことを見失わずに突き詰めていけたらと思います。自分のできることをより多く発見できたらいいな…
 
今年は早々から修士試験があったりと大事なイベントが続くので年始はのんびりしていられないのですが、昨日・今日の二日間で心身ともに元気になったので、明日から様子を見ながら体力作りと練習に勤しみます!
 
今年も皆様にとって実り多き年になりますように。
 
 

小田急マンハッタンヒルズコンサートが終わって【改】


f:id:tom-mom000:20141227235942j:image
 
本日、小田急百貨店新宿店でのマンハッタンヒルズコンサートが終わりました。
ご来場いただいた方、本当にありがとうございました。
 
13:00からの会、15:00からの会、プログラムを組んだ時には短いかなー?と心配しましたが、なんだかんだ30分では終わらなくて時間ってすぎるの早いなーと実感しました。
 
本番とても緊張しました。反省はとてもたくさんあります。でもお客さんの温かい眼差しにとても助けられました。とても楽しく演奏できだだけに、ちょっとした反省が後に響きますね。笑
 
トークと演奏のコンサートは、話すテンションと演奏するテンションが違うので、慣れるまでに経験を積む必要があります。3年前のマンハッタンヒルズコンサートに出演した時よりは特にトークが、もちろん演奏もとても成長したと実感できました。しかしやっぱり難しいです。
 
今日とても感じたのは、私はヴァイオリンを演奏することが大好きだなということ。人生においてヴァイオリンを弾くということが大部分を占めていて最も大切なものの一つだということ。聴いてくれる人がいるというのがこんなに有り難くて、今後の人生でもそういう幸せを噛みしめたいと。  
 
なので私みたいなペーペーな演奏家に、このような貴重な体験をさせてくれた小田急さんと東京音大には本当に頭が上がりません。この体験を生かして、今後の音楽家人生に生かしてますます精進したいと思います。演奏でもトークでもよりよくなって、お客さんを楽しく、幸せになるようなコンサートを作り上げていけたらなぁと思います。今は情報を集めようと思ったらすぐ手に届く環境が整っているので、色々な情報手段を使って勉強します。
 
今後とも、マンハッタンヒルズコンサートにも足を伸ばしていただけたら嬉しいです。私は今回で最後ですが、優秀な、音楽にひたむきに日々努力している後輩達がこれからも良いコンサートを作り上げてくれることでしょう。応援よろしくお願いします。

つつつつついに

遂に明日です、マンハッタンヒルズコンサート。

 
今年大流行したあの曲をサプライズで演奏しちゃうかもよ?ってここで言ったらサプライズじゃないですね。笑
 
2011年5月から始まったマンハッタンヒルズコンサート。私は明日の第60回で出演3回目です。特別な思いもあります。
 
明日、ちゃんと弾けるかどうか、ちゃんと喋れるかどうか(笑)、お客さんの心に少しでも幸せを灯すことができるか、今からわくわくどきどきです。楽しみでもあり、不安でもあります。
 
明日、小田急百貨店新宿店13階特設会場で、13:00-13:30,15:00-15:30です!2回とも同内容です。
 
こんな私の姿を見届けにぜひいらしてください!たくさんの方のお越しを心よりお待ちしています!

コンサート

今日、雑司が谷診療所で弾いてきました(^^)

f:id:tom-mom000:20141224163623j:image
コンサートの様子。

クリスマス・イブだったので、アンコールにクリスマスソングのメドレーを演奏しました。クリスマスの飾り付けが可愛かったです(><)

聴いてくださった方々がとても温かくてとても楽しくて(*^^*)津軽海峡冬景色など、歌の曲を一緒に歌ってくださるとこちらも嬉しくなってしまいます♪

そしてそのコンサートのあとは、オーケストラの楽譜の製本。

f:id:tom-mom000:20141224164336j:image

量が多いので時間はかかるけど、何も考えずにできる作業は黙々とできて楽しいですね(^^)

メリークリスマス!

コンサートのお知らせ

今度の土曜日に新宿の小田急百貨店で弾きます!

なぜか縦に表示できない…。

f:id:tom-mom000:20141221155552j:image
-------------
日時:12月27日(土)
13:00-13:30、15:00-15:30(2公演同内容)

場所:小田急百貨店新宿店13階特設会場

ヴァイオリン:巖築朋美(東京音大院2年)
ピアノ:川村恵里佳(東京音大院1年)

*プログラム*

・クライスラー:美しきロスマリン
・サン=サーンス:ワルツ形式によるカプリス
・リスト:愛の夢(ピアノソロ)
・津軽海峡冬景色
・モンティ:チャルダッシュ
-------------
もし新宿に用事のある方は立ち寄っていただけると大変嬉しいです…!

第九

三重県の津で第九の本番でした!


f:id:tom-mom000:20141215002545j:image

団員さんがとても親切なので、私がエキストラだということをうっかり忘れてしまいます。 自己紹介する時に相手が団員さんだと分かった上で「がんちくと申します。あ、エキストラです。」と団員さんに言ったら「知ってます!25年間いますから。笑」と。そりゃそうだ。笑 心持ちはもうそのオーケストラの一員と思える程、皆様とても優しい方たちです。



f:id:tom-mom000:20141215002736j:image

注文したケーキもおいしく頂きました(:_;)三重公演の楽しみの一つ。今回でここのケーキ屋さんのケーキを食べるのは2回目ですが、ファンになっています。東京支店があったらそこのケーキしか買わないくらい。毎日食べたい!


第九は高校生(中学生?)以来だったのですが、今聴くといい曲ですね。年末に第九は日本だけの風習ですが、いい曲だから毎年弾けていいなーと思いました。来年も第九を弾けますように…!


オーケストラで弾くのはやっぱり楽しいです♪そして勉強になります。

また来週もオケで弾けるので嬉しいです♪今度はファースト。またたくさんのことを学べるように準備します❤(ӦvӦ。)

愛犬

昨日、プログラムノート提出と実技のレッスンを無事に終えました。その反動か、今日の昼間ほとんどを睡眠に費やしてしまいました。

 

午前は自分のベットで、午後は居間のソファーで寝ていたのですが、私は昼寝しているとき、たまに起きたくても体が動かなくなる金縛りみたいなものになります。その時、夢では起きる夢を見ていて、現実か現実じゃないかわからない、結局夢だった、というループに陥ります。

 

今日もソファーで寝ていたときは起きる夢の繰り返しでした。その時愛犬が自分の上の方で寝ている夢を見ました。気持ちよさそうにいびきをかきながら。笑

 

f:id:tom-mom000:20081203105518j:plain

 

愛犬はショパンっていいます。そう、あのポーランドのピアニストで作曲家のショパンです。笑 グレイのトイ・プードル。この前の8月に17歳で亡くなりました。

 

私が留学から帰ってくるのを待ってくれていたかのように、私が帰ってきた5日後にあの世に逝きました。

 

6月から調子が悪く、歳も歳だったので、覚悟はしていました。うちの家族も最後までかわいがって大事に看病していました。苦しそうなショパンの姿を見るのは辛くて、亡くなった時、これで「苦しまなくてすむね」とちょっとほっとしたような感情があったのは事実です。というか、苦しそうなショパンの姿をあまり長い期間見ていなかったこと、離れ離れで生活していた分、私が看病にあまり携わらなかったことが、亡くなった時にそこまで悲しくなくしたのかもしれません。17歳という歳は犬にとって長生きだったからかもしれません。

 

でもやっぱりいないと寂しいですね。亡くなった直後や1ヵ月後くらいまでは「いないな~」という感じだったのですが、自分にとってちょっとしんどい時、ショパンの体温を感じたい時など、いないということがいつも以上に寂しく感じます。

 

思い返してみると、挫折を味わったことや辛い思いをしたこと、長い期間気持ちがしんどくてあまり部屋から出なかったことが自分の今までの人生の中で何度かあるのですが、そんな時に必ずショパンがそばにいてくれました。泣いてる時、いつもはわりとクールなのに心配そうに私の顔をなめに来てくれたこと、しんどくて寝ている時、知ってか知らないでか横にピトっとくっついて一緒に寝ていたこと。それがこんなに長い期間いなくて、温もりを感じたい時にもう感じられなくて、本当にもういないんだなーってじわじわときています。

 

f:id:tom-mom000:20141207224715p:plain

これは大学2年の時の写真。食べ物をもらいたいから近くにいるけど結局もらえなかった写真。笑

 

でも、この悲しい感情、それは私にとってのショパンの想いの重さだと思っています。だからこの悲しい感情は私にとってとても大事で尊いものです。

 

今日で夢に出てくるのは2回目。いつも寝ている夢です。笑 この前は私の顔部分に乗っかってきて寝る夢見ました。

 

きっとまだなくなる事はないけど、ちゃんと自分の気持ちと向き合って、ショパンとの思い出を大事にしたいと思います。