こっこさんと私~巖築朋美のブログ~

ヴァイオリン専攻の巖築朋美(がんちくともみ)が、音楽・日々の出来事を中心に綴っていきます。

第1回フライブルク室内楽団の演奏会が終わって

ご無沙汰してます!約2か月ぶりの更新・・・・

 

3月18日のコンサートに向けて、やることも多く緊張感もあって忙しい日々を過ごしてきましたが、無事コンサートを終えることができました。

 

f:id:tom-mom000:20150407042943j:imagef:id:tom-mom000:20150407043002j:imagef:id:tom-mom000:20150407043706j:imagef:id:tom-mom000:20150407042925j:image

 

1月にコンサートをしよう!と決めてから駆け足で準備を進めてきました。しかもほとんどのメンバーは自主企画公演をすることが初めて。普段フライブルクで生活している人が多いので、グループでメールできるアプリを使いながら連絡を取ってきました。日本が夜中で寝ている間に話が盛り上がっていることもしばしばあったのですが(笑)、日本と外国と、違う国に住んでいてもネット環境があれば無料で連絡がリアルタイムでとれるなんて、なんて便利な世の中なんだ!と何回も思いました。

 

高校の時の各行事、文化祭でのミュージカル、大学の時の学園祭の出店の時など、ヴァイオリンの練習時間の捻出にどうしても気が行ってしまうため、積極的に動くことは今までありませんでした。しかし、今回の演奏会を開催するにあたって、今までの中で初めてと言ってよいほど、演奏以外の仕事で動いたと思います!

 

なぜ音楽家として活動するのか、コンサートを開催することの意義は何か、お金をいただくとはどういうことかなど、根本から考えさせられる機会が多かったように思います。演奏の質を上げることはもちろんなのですが、それ以外に一人でも多くのお客さんに来ていただくための努力は怠ってはいけないこと、考えられる方法すべてをやるべきだということを学びました。

 

今回このコンサートに関わってくださったすべての方々に感謝です。わからないことだらけの私(たち)に色々と丁寧に教えてくださったり、忙しい時間をぬって受付や裏方をやってくれたり、写真やビデオを撮ってくださったり。私たちはよい仲間に恵まれているなとかみしめることの多い2か月間でした。

 

赤字になることも多い自主企画のコンサートですが、今回とてもたくさんのお客さんに来ていただいて、黒字にすることができました!演奏している側として、多くの方に演奏を聴いていただけることは最大の喜びです。ご来場してくださった方、心から感謝申し上げます。

 

短時間でコンサートに向けて進めてきたので、色んな反省点は山ほどあって、コンサートが終わってから結構へこみました。笑 一年後の3月に第2回を開催することが決まって、もう今から動き出していて、毎日のように連絡をとりあっています。今回の反省を活かしてより良いコンサートを作っていきたいと思います。