こっこさんと私

音楽・日々の出来事を中心に綴っていきます。

ご報告

この度、東京フィルハーモニー交響楽団(第一ヴァイオリン)に正式採用となりました。

 

今までオケでの経験は少しずつ積んできているので、少しくらいレパートリーはあるかなと思っていたのですが、始まってみると8割くらいが初めましての曲で、常に譜読みに追われている状態でした。

 

今では、少しずつ準備の仕方などわかってきたかなと思うのですが、オケの中で実際に演奏した際の情報量が多くて、自分の耳やバランス感覚も大事にしながら日々学んでいます。

 

これは指揮者にも言えることなのですが、オーケストラ・プレイヤーの方は、演奏も人柄も魅力的な方が多いです。近くで演奏を聴けて、しかも音楽への向かい合い方も間近で拝見できる。好きな演奏家の方々と同じオケで弾けるなんて、とても美味しいことだなと前々から思っていました。自分はもはやファンなので、こんな楽しいことはありません。

 

忙しくて体力的に疲れを感じることもありますが、指揮者や同じオケの仲間の音楽からエネルギーをもらっています。

リハに譜読みと忙しい毎日ですが、そんな中でももっといい音楽を奏でられるように、日々精進したいと思います。

 

とりあえず、オケの団員になることが長年の夢だったので、それが叶って嬉しいです!これからさらに頑張ります。